鉛とは?

鉛のような鈍く暗い少し青みを帯びた灰色。

鉛色が使われるようになったのは、明治時代以降。
鉛色の空、鉛色の海など、鉛の暗く重い印象から、今にも雨の降り出しそうな空模様の表現や、どんよりとした海の描写などによく使われる。

正岡子規は雲という詩で「冬雲は鉛のごとし」と詠んだ。