鉛丹とは?

酸化鉛はやや赤みを帯びた鮮やかな橙色。

主に、鉄骨などの錆止め塗料として使用され、神社や仏閣などの建物の下塗りにも広く利用されている。

さらに、この酸化鉛は古くから知られる顔料の一つであり、その歴史は古代にまでさかのぼります。実際、正倉院にも保存されている。