赤銅とは?

金属の赤銅のような艶のある暗い赤茶色。

一般的に真っ黒に日焼けした肌の色を表現する際に使われたりする。

「赤胴」は銅に少量の金を加えた合金で、747年、奈良の大仏鋳造が始まった資材帳に記載が見られるなど古くから使われている金属であり、
烏金うきん、紫金しきんとも呼ばれた。