赤朽葉とは?

赤みがかった朽葉色。

「朽葉」は枯葉や腐葉土を意味し、それが赤みを帯びた色調になったものを指す。

平安時代から伝わる色名であり、源氏物語にもこの色名が登場しており日本に古くから存在している。