葵とは?

葵の花のような灰色がかった明るい紫色。

真っ直ぐ伸びた茎に大輪の花を咲かせる立葵(たちあおい)が色名の由来。

奈良時代末期に薬用して渡来して「唐葵」と呼ばれ、平安時代からこの色名で呼ばれるようになった。