茶とは?

栗の実のような黒みを帯びた黄赤。

茶色は70種ほどの色相の変化があり、奈良時代に伝来した。

平安時代には、貴族の衣装や仏具などに茶色がよく使われ男性貴族の間では、茶色の狩衣の色として人気があった。

その後、江戸時代に奢侈しゃし禁止令の影響で誕生した「四十八茶百鼠茶して」茶色系統が大流行した。