白練とは?

光沢を帯びた純白の絹のような混じり気のない美しい白色。

古代から神聖さを象徴する色として用いられ、近年では清潔で高貴な色として愛用され天皇の装束の色とされた。