灰とは?

白と黒の中間の色で灰んもような色。

平安時代には凶色のイメージが強く、墨や鈍色といわれ嫌われていたが、

江戸時代には「四十八茶百鼠」として鼠色系の色が流行した。